音楽という仕事の今後は

  • Copied the URL !

曲を作る生活は充実しているのだが、反面これで本当に良いのだろうかと考える事も多い。
プロの音楽家として活動して気づけば15年程になるのだが、随分と状況は変わってきた。

機材がさらに安価で分かりやすくなり、音楽を作るということの専門性が少し薄まってきたという事。
AIが登場するんじゃないかという事。
ネットが日常的な世の中となり、音楽の需要自体は増えてるという事。

まあ安くなったとはいっても今のパソコンだけでも100万もするし揃えると大変なので、まだまだプロとしての敷居はある感じはする。

特にAIはかなり不気味な存在で、おそらく簡単な曲の制作というのは一掃されそうだ。
けどこれ自体はドミソーみたいな曲は誰でも作れるし誰が作っても時間の浪費になる可能性があるので、
正直良いことなんじゃないかと思っている。

自分に出来る事は、音楽家として昨日の曲より少しでも良い曲を作ろうと頑張る事の繰り返しなんじゃないかなって。
こんなふわっとしてて良いのかと突っ込まれそうだけど、それでやってけなくなったら需要がないわけで、そうなったらそれは仕方ない。そうならないように頑張りたいものだ。

しかしサイトのレイアウト関連を色々ちょっと変えたい所なんだけど、
優先順位が圧倒的に低いのでいつになることやら。。笑

よかったらシェアしてね!
  • Copied the URL !
目次
閉じる